Tフォントについて

Tフォントは、東京大学大学院情報学環・学際情報学府坂村・越塚研究室が整備している大規模漢字フォントです。12万字の漢字セットに対して明朝体、ゴシック体、楷書体の3書体のTrueTypeフォントから構成されています。12万字の漢字セットの中には諸橋轍次著『大漢和辞典』(大修館書店刊)や中国清朝の康煕帝の勅命により編纂された『康煕字典』などに収録されている文字や名前・地名などの文字を含む約8万字のGT文字セット、中国の宋や明の時代の文献を元に抽出された約3万5千字の宋明異体字文字セットや古典で用いられる金文の釈文から抽出された文字などが含まれます。

これによって、従来より東アジア地域における文書情報処理における懸案であった、漢字フォントの不足の問題に向けて大きく踏み込み、現代の日本において日常的に用いられるいわゆる異体字問題はかなり希少な例外を除きほぼ解決するだけでなく、さらに漢籍(中国の古典文献)の電子化にも耐えうる文字セットとなっており、東洋文化研究を支援する学術基盤となるものです。

Tフォントの全体像を以下に示します。文字数が膨大なため、各種整備を終えたものから順次一般リリースをしていきます。今回は、GT文字セットの範囲に対して明朝体、ゴシック体、楷書体のTrueTypeフォントをWindows用とTRON用の形式でリリースします。